愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

プレハブ事務所といった簡易建物の解体工事

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。住宅や店舗となるとちゃんと解体するという意識ができますが、プレハブのように簡易的に建てられた建物だと放置しがちです。しかし、簡易的な建物でも老朽化すればするほど危険であることには変わりありません。そのような建物も適切に処理いたしますので、一度解体工事専門店建築99でお見積りを取ってみてください。安く解体したいというお客様の期待にお応えします。

プレハブを安く解体する


日本最大規模の解体工事専門店建築99です。解体工事専門店建築99では、住宅用の建物だけではなく、プレハブ事務所の解体も承っております。簡単に思えるプレハブでも、解体となるとそれなりの手続きと処分が必要です。解体したときに出る鉄板や木材は適切に処理しなければなりません。また、事務所内に置いていたものも処分する必要が出てきます。解体工事専門店建築99にご依頼いただくと、建物をきちんと廃棄物法に則って処分するほか、事務所の不要物も一緒に処分することができます。解体すると、その分敷地を有効活用できるようになります。もしずっと置きっぱなしになっているプレハブがあったら早めに処分されなければ崩壊する危険性もでてきます。竜巻や台風の時に突風で吹き飛ばされれば、被害が拡大してしまいます。害虫が発生したり、いつの間にか動物が住み着くなど、あまりいいことはありません。プレハブがなくなり、土地が広がればそこを駐車場にしたりするなど新たに利用できます。プレハブのような解体でも、費用をなるべくかけずに解体することは可能です。一度他でお見積りをとられ、安く感じても解体工事専門店建築99にご相談ください。もっと安くなる可能性があります。

プレハブ解体をするときも、手続きは必要です。面倒な解体前の不用品の処分や後のゴミの処分、手続きなどをまとめてお受けいたします。たとえ長年ほったらかしのプレハブでも大丈夫です。ご自身で解体されると破傷風などの健康被害の可能性も出てきます。解体専門である解体工事専門店建築99が安全に工事いたしますのでお問い合わせください。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン