愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

建設リサイクル法も踏まえての解体工事

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。建物解体の工事では、建設リサイクル法などの関係上、工事の発注者が事前に自治体に届出をしなければならないことがあります。解体工事はほとんどの発注者にとって未知のことであり、不安を持たれやすい分野ですが、解体業者がすべてを熟知し、案内し、書類も用意して届け出のお手伝いもおこなうのが通例です。発注の際は、そうした業者を選ぶことが望まれます。

建設リサイクル法の対応もお任せに


日本最大規模の解体工事専門店建築99です。当社は日本で唯一、解体工事を専門にして全国規模で営業しているプロ集団で、豊富な実績と知識を持っています。解体工事をする際には、建設リサイクル法の対象工事となる場合などに、自治体への届け出が必要になります。例えば、建築リサイクル法の対象となる解体工事は、床面積が80㎡以上の場合となりますが、そうしたことなどはすべて、当社が判断し、案内し、書類も用意して届け出のお手伝いまでおこなっています。もちろんすべて無料です。当社では一級建築士を擁しており、そうした手続きにも万全の態勢がとれています。解体業をおこなうためには資格が必要で、解体工事を専門におこなう業者は、たいてい都道府県知事から解体工事許可免許を取得します。免許を取得するには、二級建築士の在籍でもいいわけですが、当社では一級建築士を擁し、確実な書類手続きも実現しています。安心してご依頼ください。当社では、インターネットやフリーコールを通して直接工事を受注することにより、工事費用を市場価格よりもおよそ2割から3割下げています。中抜きがないため、それで十分採算が取れ、安定経営をおこなっています。

建物解体の工事では、面積や前面道路の状況などによって、自治体に届け出が必要な場合があります。一級建築士を擁する当社では、そうした手続きへの対応も万全で、発注者に手数をかけないよう、無料で全面的にお手伝いします。当社は建物解体を専門にして全国規模の営業をおこなっており、受注件数は年間1200件あまりにもなります。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン