愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

狭小住宅の解体工事でトラブルを防ぐために

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。限られた敷地面積で快適な住み心地を実現できる狭小住宅は、とりわけ都市部で人気があります。しかし解体工事を行う際には、広い敷地のある住宅とは違って、いろいろな問題が発生しがちです。狭小住宅の解体工事で起こる可能性があるトラブルや、その解決方法を考えてみましょう。

近隣への挨拶は念入りに


敷地面積が狭い住宅は、隣家と非常に接近しているため、解体工事では騒音や振動が伝わりやすく、苦情が寄せられるケースも少なくありません。こうした音を完全に消すことはできませんが、近隣への挨拶や擦り合わせを念入りに行って、トラブルを最小限に抑えることは可能です。建築99では工事の1週間程度前から近隣に挨拶を始め、当日もしっかりとコミュニケーションを図って、苦情が出ないように配慮しています。隣地との境界確認など、面倒な打ち合わせもお任せいただけます。もちろん安全には万全の注意を払っていますが、万が一隣家を傷つけてしまった場合に備えて、工事前には保険に加入しています。狭小住宅だから解体費用が安いとは限りません。道路が狭くて重機が入れない場所や、隣家とくっついていたり接近しすぎていたりする場合には、手作業で解体する必要があります。手作業では重機による解体に比べて時間がかかるため、かえって費用が高くつくこともあります。時間のかかる解体工事ほど、業者のノウハウ次第で費用が変わってきます。建築99は経験豊富な専門の職人が作業を行うことで、料金は安く品質の高い解体工事を実現しています。

狭小住宅では敷地面積を最大限に活かすため、3階建てにしたり高性能な建材を使ったりすることが多くあります。一般住宅に比べると足場を設置しにくいこともあって、解体工事には意外と手間取ることが珍しくありません。そのような場合には、独自のノウハウを持つ解体専門の業者に相談することが、費用を節約するポイントになります。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン