愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

解体工事を行ったら必ず滅失登記が必要です

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。建物の解体工事を行ったときには、法務局での滅失登記が必要です。しかも期限が定められているため、迅速に行わなければいけません。このとき、登記の代行申請が可能な人は司法書士になりますので、委任をして任せることとなります。無論、依頼料が相応にかかりますが、解体工事専門の業者に任せることで全て対応、処理が完了可能です。

建物の解体工事を依頼するとき


日本最大規模の解体工事専門店建築99です。建物を解体していく作業も専門で扱っています。住宅や工場などで古くなったりあるいは建物が無い状態での土地の売却をしないといけないときに、取り壊しと取り壊した後の廃材の処分、さらには登録されている建物の存在を無くさないといけませんのでその代行手続きの案内も行います。費用的にもリーズナブルに抑えていますし、登記の代行申請も通常は司法書士に依頼して行いますが、そのお値段も安価に抑えています。煩雑な手続きや対応は全てお任せください。なお、解体に要する時間もそれほどかけずに迅速に取り扱いをしていますので、安心して任せられます。なお、滅失登記に迅速に手続きが移れるように、対応力もしっかりとしたものを有しています。このように、依頼から建物を取り壊すこと、法務局での建物解体に関する滅失登記まで、一連の作業そのものを任せられる業者です。ただ、登記は法務局での対応の関係があります。早めに依頼をしていただくことで、スピーディに処理を行えます。早めの依頼と連絡が非常に大切になりますので、あらかじめご留意くださると共に、依頼に関する連絡をお待ちしております。

土地の上に存在する建物は、古くなったりして取り壊す必要があるケースが少なくありません。このとき、建物をスクラップにして廃材などを処分すればいいわけでは無く、さらに法務局で滅失の登記も行わないといけません。その登記の手続きは司法書士に依頼することになりますが、そこまで完璧に行える法人ですので、任せて安心です。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン