愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

解体補助金を利用して解体工事の費用を節約

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。相続などで誰も住む予定がない空き家を手に入れたとき、解体したくても費用がかかりすぎるため、そのまま放置しておくことがよくあります。しかし場合によっては解体工事の際に、公的な補助金を受給することができます。これを上手に利用すれば、工事費の負担を抑えることが可能です。

補助金が支給される条件とは


いま日本全国で危険な空き家の増加が問題になっています。老朽化した空き家は小さな地震や台風でも倒壊する危険が大きく、もし倒壊すれば近隣に多大な迷惑を及ぼす可能性があります。また周辺の景観を損ねたり、犯罪の温床になったりすることも考えられます。こうした危険な空き家を解体する際には、解体補助金を受けられる場合があります。空き家の解体補助金は原則として各地の自治体が支給しており、受給できる条件も各々の自治体によって異なります。おおむね共通している条件は、建築から一定の年数が経過していること、倒壊の可能性がある危険な空き家であることです。危険度の判断基準も自治体ごとに定められています。また年収が一定以下であること、税金を滞納していないこと等の条件を設けている自治体もあります。対象の空き家が補助金の支給条件に該当しているかどうかは、それぞれの自治体に申請し調査してもらう必要があります。お住まいの自治体で補助金が支給されるのか、どのように申請すればよいか等、疑問がありましたら建築99までお問い合わせください。解体工事の専門家として、少しでも費用が節約できる方法をアドバイスいたします。

解体補助金は解体工事後に支給されますが、申請するのは工事の前でなければなりません。後から気づいて請求しても、受け付けてもらえないので注意が必要です。うっかり忘れて損をすることがないよう、できるだけ早めに準備しておくことが大切です。トータル費用を安くあげるためにも、手続きに詳しい専門家にお任せください。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン