愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

名古屋市中川区のS様建物滅失登記申請

名古屋市中川区のS様建物滅失登記申請

先々週、解体工事が完了した名古屋市中川区のS様からのご依頼で【建物滅失登記申請】を行う為に法務局に行って来ました。

【建物滅失登記申請】
建物を解体した場合に「登記簿謄本」に記録しなければならなく、解体後1カ月以内に申請というルールがあります。
申請に必要な書類は、
・建物滅失登記申請書
・案内図(取り壊した建物の場所を示した地図)
・取壊し証明書(弊社から発行致します)
・取り壊した会社の登記事項証明書(弊社から発行致します)
・取り壊した会社の印鑑証明(弊社から発行致します)
・住民票(取り壊した建物から引っ越して住居を他にする場合)

申請はほとんどの方がご自分でされていますが、弊社にご依頼の場合は有料ですが対応させていただいております。(この場合、上記の書類の他に『委任状』が必要となります)

《滅失登記申請をしなかった場合のデメリット》
・土地の売却ができない
・解体した建物に固定資産税がかかり続ける
・建築許可がおりないため、建て替えができない
・建物の所有者が亡くなった場合、建物滅失登記の手続きが煩雑になる
・建物滅失登記は申請義務があるため、怠ると10万円以下の過料に処される場合がある

などのデメリットが有りますので、速やかに申請されることをお勧めいたします。

 

20191106_192854 20191106_181724

 

 

豊橋市M様邸解体現地確認

二軒目は豊橋市のM様邸の解体現地確認に伺いました。
こちらのお客様も区画整理のために住みなれたお宅を解体し、別の場所に移住しなければならなくなったとのことでした。
解体するお宅は、住居としていた木造二階建てと奥様がお仕事で使用していた軽量鉄骨造の店舗の2棟。
現在、既に新居の建設中で、当然ですが極力費用を抑えたい意向があります。
ちょうど建物の前には幅6m程の駐車場があり、重機の作業スペースとして使うプランで提案させて頂きます。

 

Photo_19-11-11-10-23-41.282 Photo_19-11-11-10-23-42.689

 

 

愛西市H様解体現地確認

三軒目は愛西市のH様からのご依頼の解体現地確認に伺いました。
写真にあるように今回は道沿いの崩れかけたブロック塀と敷地内の潰れた倉庫の解体のご計画です。
やはり最近の異常気象でご近所に迷惑をかけてはいけないという配慮から検討されております。
道沿いのブロック塀は手作業となり作業費用はかかりそうですが、なんとかお客様のご予算に収まるプランで提案させて頂きます。

 

Photo_19-11-11-15-32-10.736 Photo_19-11-11-15-32-13.006

 

 

 

 

 

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン