愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

家の解体工事は、アスベスト調査を行ってからにしましょう

98.家の解体工事は、アスベスト調査を行ってからにしましょう

解体工事を行う際、金額の大半を占めるのがごみ処理にかかる費用です。

なかでもアスベストを含んでいる場合は、処分料金が別にかかってしまうため、きちんと見積もりの段階で確認しておく必要があります。

後からアスベストであることが分かると、費用も追加になってしまい、依頼主にとっても負担が大きくなります。

支払う金額は同じだとしても、最初から分かっているのと分かっていないのとでは気持ち的に違います。

 

アスベスト調査が必要な物件はどんなもの?

アスベスト調査が必要な建物は瓦葺の場合や鉄筋コンクリートの建物です。

木造の建物の場合はそもそもアスベストを使用しませんので、アスベスト調査は必要ありません。

最近は瓦葺や鉄筋コンクリートで、アスベスト禁止以前に作られた建物ならば使用されている可能性も高くなってきますので、アスベスト調査は必須となります。

 

家の解体工事には、どんなふうにするのか

解体工事という経験自体、人生の間で何度もあることではありません。

一度も経験しないという人も珍しくはないのです。

しかし、滅多にないとはいえ知識を持っておくことと、そのまま体当たりで行うのでは不安度も変わってきます。

一般的な流れとしては木造建築の場合、単管パイプや丸太で骨組みを作ります。

その後、養生用のシートをはります。

鉄筋コンクリートの場合は木造よりも騒音の可能性があるので、防音シートも使用します。

家の解体工事は、ただ壊せばいいだけではなく、近隣住民に迷惑がかからないようきちんと気を配らないといけません。

分離解体とは一体何か

以前は瓦も一緒に解体することができましたが、現在は分離解体が義務付けられているので瓦を外した後に建物の解体工事を行わなければなりません。

そのため、時間が大幅にかかるようになり、撤去に1日かかることも珍しくありません。

瓦だけではなく、建物内のガラスや設備などの内装物も分離しなければなりません。

解体工事後の分離作業が必要なくなるわけですが、その手間が最初にきたという感じでしょう。

実際に分離解体をすることで危険度は下がっているので、手間が増えただけではありません。

アスベスト調査を行わなければならない理由とは

アスベスト調査を行わなければならない理由、それは住民の健康のためです。

アスベストが使用されていた時は耐熱性や絶縁性、保湿性に優れていたことから、様々な建物に使われていました。

しかし、人体への健康問題が発覚してから使用禁止となったのです。

アスベストが引き起こす病気として肺がん、塵肺、悪性中皮腫など、人体への影響は大きいのです。

アスベストが使用されている建物は、早急に解体工事をしなければなりません。

もちろん解体工事もアスベスト対策をしてくれる業者を選ばないと、近隣住民にも迷惑がかかってしまうので、費用だけで業者を選ぶのはやめましょう。

 

安全な解体工事には適切な業者選びが必要となる

アスベスト調査や家の解体工事に関して、一番オススメできる業者は日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

上記で説明した分離作業も丁寧に行ってくれますし、周囲にごみが飛散しないよう慎重に2日以上かけて作業を行います。

解体工事が終わったら、重機で土の中に混ざっているコンクリートや破片を掘り起こして回収除去作業を行います。

最後に道路に散らかってしまった破片を片づけ、すべての作業が完了となります。

解体工事専門店建築99は原状回復も丁寧にしてくれる業者なので、安心して依頼ができます。

近所に対する配慮も的確にしてくれますし、依頼者の相談にも乗ってくれるので、疑問や不安を抱えたまま依頼するということはありません。

 

まとめ

今回はアスベスト調査と家の解体工事について、ご紹介しました。

昭和31年~50年の初頭まで、アスベストが建材に使用されていました。

しかし健康被害の問題が分かり、その時期に建てられた家屋を解体するためには、工事の前に必ずアスベスト調査をする必要があります。

費用の問題もありますが、現地で解体工事を行うスタッフの健康面も考えなければならないからです。

家の解体工事にはアスベスト調査だけではなく、色々な面で準備が必要です。

解体工事に慣れていない人にとって、書類面の準備なども分からないことが多く、申請書類を提出しても不備で戻されることも珍しくありません。

ですが、解体工事専門店建築99は書類代行サービスもありますし、依頼主が疑問を抱えていれば解体工事のプロとして答えてくれます。

解体工事に関することであれば、どんな相談にも乗ってくれます。

それに解体工事専門店建築99は、仲介業者を挟まず、依頼主と直接契約を行うため、他の業者と比べると20%~30%ほど費用が安くなります。

これは仲介料を必要としないこともありますが、解体工事専門店建築99が依頼主の負担を軽減できるように、なるべく安価な金額を提示してくれるからです。

費用面、フォロー面、そのどちらも解体工事専門店建築99は優良ですので、悩んでいる方は解体工事専門店建築99に、無料でしてくれる相談や見積りだけでも依頼してみてはいかがでしょうか?

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン