愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

平屋解体工事を行うことで幅広い解体工事をリーズナブルな費用にします

120.平屋解体工事を行うことで幅広い解体工事をリーズナブルな費用にします

平屋の解体工事について

平屋の解体工事は、一般的な2階建て家屋と費用面に差があるのをご存知でしょうか。

2階建ての家屋よりも平屋の方が、坪単価で言うと解体工事費用が高額になるケースが多いのです。

平屋の家屋の解体工事のほうが安いと思っている人が多いと思うので、これは意外だと思います。

 

2階建てより平屋の方が解体費用は高い!?

解体を行う建物は、実に様々です。

解体工事をする建物の坪数が同じ家屋の場合では、平屋と2階建ての住居、どちらの解体費用(坪単価)が高いでしょうか。

恐らくほとんどの方が「2階建てに決まっている」と即答することでしょう。

確かに2階建ての方が、解体工事にも手間が掛かりそうです。

高さもあるので、解体工事も難航するというイメージがあるでしょう。

そしてその分、解体工事費用も高くなると思ってしまいます。

しかし実際に解体工事費用を比較してみると、平屋の方が高い場合が多いのです。

建物の坪数が同じということは、すなわち床面積が同じということです。

そして、平屋と2階建て、それぞれの構造を考えてみましょう。

平屋は1階建てですから、1階家屋の上は全て屋根になっています。

それと比較して2階建ての場合は、居住空間が2つの階に分かれていて、2階の上のみが屋根という構造です。

つまり、屋根または建物の建っている基礎の広さというのは、平屋の方が2階建て住居の2倍になっているのです。

これは、解体作業を行う場所の面積が、広いということになります。

解体工事を行う基礎面積が広いということは、その分解体にも多くの手間がかかるということです。

また屋根に使用されている瓦や、基礎に使われている材料は、全て解体後に処分が必要になります。

屋根・基礎の面積が倍であれば、当然その処理費用も倍になり、解体工事のコストを底上げするのです。

 

構造によって解体費用が変わる

また平屋と2階立てを比較して、必ずしも高さが1:2とも限りません。

屋根の高い平屋も数多くあるので、その分解体する壁面積も広くなるからです。

つまり全体的に見ると、平屋の方が2階建てより多くの解体作業を伴うケースが多いということです。

特に古い住居を解体する場合は、平屋といえども2階建てと同じくらいの高さのものもあります。

造りによって解体費用も様々ですが、平屋だからと甘く見ない方がよいでしょう。

このような理由から、2階建てより平屋の方が解体費用が高い場合が多くなっているのです。

解体工事の見積りを依頼する際は、解体工事業者きちんと現地を確認してもらいましょう。

 

幅広い解体工事をリーズナブルな費用にします

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

解体見積を取られた人の多くが、解体業者一括比較サイトをご覧になっています。

インターネットの普及にともなって、比較サイトの数も増えていますが、実際にどれだけ安いのかという実態に関しては、不明な部分が多々あります。

それに対して、建築99では明瞭な料金体系をホームページに掲載しており安心できます。

 

不法投棄は許しません

比較サイトの起源としては、化粧品やサプリメントの通販サイトがはじめと言われており、その後、各方面に広がりました。

その流れを受けて、解体工事においても、一括見積比較サイトが登場したわけです。

但し、解体工事に限っては、サイト運営者が建築業と無関係な場合が多く、営業によって解体業者を集めているわけです。

そして、サイトの運営費用や利益を捻出するために、見積料金に中間マージンを上乗せすることになります。

それでも工事見積が安い業者の場合は、施工方法が適切でなかったり、廃棄物処理が不適切だったりする恐れがあります。

比較サイトの運営会社によっては、登録業者の審査を殆ど行なっていないケースもあり、問題のある解体業者が参入しやすいわけです。

加えて、法律的にも問題業者を比較サイトに掲載しても、サイト運営者は責任を問われないので、野放しになっています。

一方、行政側から解体業の許可を受けている会社は、不当投棄が発覚すると直ぐに営業許可取り消しになります。

何よりも、不当投棄は山の自然破壊に繋がるので、絶対に許してはならない行為だと言えます。

私ども建築99では、比較サイトを通さない、リーズナブルな料金体系で平屋解体をはじめ、幅広く解体工事を行なっています。

料金体系に関しても、ホームページ上に掲載しているので、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

不法投棄が発覚すると、常習業者であれば逮捕されます。

依頼主の廃棄物が見つかった場合は、警察から問い合わせがくるので、面倒な事態になりかねません。

それ故、解体工事の比較サイトを利用すると、そうしたリスクがあることを知っておくべきだと言えます。

不法投棄に限らず、見積金額が不当に安い場合は、注意が必要になるわけです。建築99の解体工事が安いのは、直接契約を行なっているからです。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン