愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

解体工事で家壊すコストはどのくらい?

121.解体工事で家壊すコストはどのくらい?

家屋解体工事費用を少しでもコストダウン

家屋解体費用をコストダウンするためには、第一に解体費用が安く安心の解体工事業者へ見積りを依頼する事です。

解体工事費用は仲介業者が入るだけで、費用が大きく変わるため、解体工事の専門業者へ発注するだけで費用が数十万円も安くなる・コストダウンする場合もあります。

解体費用を少しでもコストダウンしたい人はご自分で手間と時間をかけて専門の解体工事業者を探しましょう。

また、見積依頼をする前に、家財の処分など自分でできる作業を行うようにします。

 

費用を安くするために解体工事専門業者へ依頼する理由

解体工事費用をコストダウンする前に、解体工事の費用の相場が分からなければ、どのくらい安くなったのかわかりません。

まずは解体工事の費用の相場と合う解体工事業者を見つけることが絶対条件となります。

解体工事業者選びが重要な理由は以下です。

 

中間マージンをカットするとかなりコストダウンできる

お客様と解工事体業者との間に中間業者(たいていは建設会社)がいるだけで、解体工事の総額が2~3割増になる場合があります。

解体工事は中間業者を通さずに依頼をする方が解体工事費用のコストダウンをすることができます。

建て替えの場合、建築会社が一緒に受注していると思いますが、お客様より解体工事業者を直接発注し、工事することも可能です。(これを分離発注と言います)

建設会社の多くは自社で解体工事を行わず、下請けの提携解体業者が解体工事を行う場合がほとんどです。

その際は下請け業者への紹介料が発生し、解体工事費用に上乗せされます。

建設会社から、解体工事業者への紹介マージン(仲介手数料)をカットすることで、解体工事費用をコストダウンする事ができます。

特に大手の建設会社に依頼する際は建設会社自社での解体工事の対応か確認するようにしましょう。

下請けの場合は、分離発注した方がよいか相談しましょう。

 

見積り依頼前に知らないと損するマージンと分離発注

広告をたくさん出している会社・業者を避けるようにしましょう。

ホームページやテレビCMなどの広告をバンバン行い、多くの営業担当を抱える会社は、その分の人件費や広告費も工事費用に含まれます。さらに解体工事費用に上乗せされるのです。

広告費を多く使っている会社や業者と広告を行っていない解体工事業者の見積りを比べてみましょう。

 

家財・不用品を自分で処分・リサイクルに出す

解体工事の費用で「廃棄物を処理する費用」がコストダウンしやすいものです。

廃棄物を処理する費用は、建物を解体した際に発生する木材・コンクリート等の産業廃棄物(ゴミ)を処理するための費用になります。

家具や電化製品などのゴミの処分を依頼した場合には、廃材処理費用が加算されます。

特に家具等のゴミを解体業者へ処分を任せると産業廃棄物の扱いになるため、同じ廃棄物(ゴミ)であってもその処分費用は高くなってしまうのです。

解体費用をできるだけコストダウンしたい場合、お住まいの市区町村の行政サービスを利用して、家具・布団や一般ゴミなどは、一般廃棄物(粗大ゴミ)として処理されることをお勧めします。

不用品はリサイクルショップなどに買取してもらい、できるだけ処分するものを減らし、処分費用のコストダウンを図りましょう。

 

解体工事で家壊すコストはどのくらい?

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

解体工事で家壊すコストは、実は業者によってさまざまです。

インターネットなどで一括見積を依頼して、業者選択をする人も多いものですが、実はさらにお得に行える業者もあります。

上手に解体業者を選択することで、費用をお得にするだけでなく、より良いサービスを受けることが出来る場合もあります。業者選びを慎重に行いましょう。

 

解体工事を行う業者選び

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

家壊しの解体工事を行う場合には、解体業者を慎重に選ぶことが大切です。

特に家の解体の場合には、解体後の状態をどのような状態にしたいかによって、解体費用が異なるケースがあります。

学校のグランドのようにきれいな状態に仕上げるケースと、ガラなどの残った状態になっているケースがあります。

ガラなどが残っていると、再度不用品の処分を行わなくてはなりません。

不用品の処分は、ゴミの分別が必要なだけでなく、処分に高額な費用がかかることがあります。

解体工事業者によって、仕上がりの状態が異なるので、希望する仕上がりの状態にまで処理を行える業者選びをすることが大切です。

また、解体工事業者によっては不用品の処理をきちんと行わないというケースもあります。

最近では、大型の家電にはリサイクル法が関連して、処分のための費用が高額になってしまいます。

悪徳業者の中には、見積もりの中にリサイクル料金を含んでいるのにもかかわらず、不法投棄などのトラブルを起こしている業者もあります。

解体業者はたくさんありますが、安心して依頼できる解体工事業者を選ぶことが大切です。

口コミなどもチェックして、業者選びを行いましょう。

解体工事を行う業者には、いろいろなサービスを行っている業者があります。

きれいな状態にまで整備してくれる業者や、建物の解体のみを行う業者など、それぞれの業者によって完了のポイントは異なります。

希望している状態に仕上げてもらうためには、どのようなオプションが必要となるのかなども、きちんと聞いておきましょう。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン