愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

解体工事の際には遺品整理もおまかせください!

110.解体工事の際には遺品整理もおまかせください!

解体工事と遺品整理をセットで考える

空き家となってしまった家屋を解体する際には、事前に家屋の中に残ってしまった不用品を処分して、大切な遺品は選別して保管しなければなりません。

何もしなければ、家屋にあるものはすべて不要物とみなされて、解体工事によってすべて処分されてしまうのです。

ですから、これだけは残しておきたいというものはあらかじめご遺族側で遺品整理など必要なものはきちんと整理しておく必要があります。

それでも、大切な人を失ってしまった状態で、残された家屋に入って遺品の整理をしなければならないというのは、気持ち的になかなか難しいものです。

そういったときは、解体工事を依頼する解体工事業者に遺品整理も併せて依頼することができます。

この、遺品整理を依頼するというのも、長い人生の中で何度も経験するものではないでしょう。

遺品整理の費用の相場もわかりませんし、後々何かトラブルがあっても困るし、どうしたらよいかわからない…と不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

遺品整理とはどのようなもの?

遺品整理は、簡単にいえば、いらないものは捨てること、そして大切なものは保管する作業と考えていいでしょう。

遺品というと故人の大切なもの、捨ててはいけないものと思いがちです。それでも全てを残しておくのは大変です。

「死ぬときはスーツケース3個で…」という考えもありますが、多くの場合、故人が使っていたものは膨大でしょう。

よくよく考えてみるとその家に住んでいたのですから、家の中にあるものは全て故人ゆかりのものとも考えられるのです。

そのため、万が一とても大切な遺品をいらないものとして処分してしまったり、重要な書類の処理を怠ってしまって、個人情報が漏洩してしまうようなことは絶対にあってはならないのです。

ですから、遺品整理に長けた解体工事業者に遺品整理をまかせるのも一つの方法なのです。

 

遺品整理の内容

遺品整理の作業を行う前に、お客様から業者に対して「遺品として見つけてほしいもの、これは絶対に保管しておいてほしいもの」を伝えることができます。

例えば、通帳や印鑑などの貴重品などはそうでしょう。

アルバムやビデオ・写真などの思い出の品などもそうです。

大事な物はあらかじめ遺族が保管すると思いますが、解体工事の過程で保管しきれていなかったものも出てくることは多いです。

ですから、あらかじめ大事なことは伝えておくことが必要です。

それによって、解体工事業者も解体工事の中で、注意深く探してくれるのです。

保管してほしいと言われているもの以外にも、「これは大切かもしれない」と解体工事業は判断します。

その場合、お客様に確認してもらえるよう別の場所に保管しておきます。

また、解体工事業者では処分できないものを依頼主に確認してもらえるように保管しておきます。

解体工事業者で処分できないものには、注射器などの医療機器、仏壇や神棚などの宗教用品、灯油やガスボンベなどの危険物などがあります。

また、遺言状のような法律的に有効性のあるものもあります。

このようなものは依頼主に遺品と共にお返しします。

また、不要であった場合にも定められた処分方法でお客様に処分してもらいます。

 

遺品整理ならおまかせください

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

空き家となった実家を解体する前に、遺品を整理しなければと思うと二の足を踏んでしまう人のために、解体工事専門店建築99では遺品整理も同時に行う解体工事を提案しています。

処分に困っているものがあれば、相談してください。

家電製品に家具、生活の品々を適切に処分いたします。

実家を何とかしたいというお客様の味方になれます。

 

解体と遺品整理をセットで

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

ご両親がいなくなった実家の処分にお困りの場合、建物の処分と中の処分と両方の問題が発生していることが多いです。

解体工事専門店建築99ではどちらの悩みも同時に円満に解決いたします。

実家を継ぐ人がいない、残された荷物が大量にあるがそれを引き取る人もいないということであればそれらの処分を一括でご依頼していただくことができます。

その家に住み続けてきた人であればともかく、もう他の土地に移り住んでいる場合は家に戻る必要はなくなります。

思い切って処分されたほうが、維持費などの費用をかけずに済むでしょう。

もう誰も住まない遠いところにある実家の維持費用に加え、今住んでいる家のローンを抱えこむのは大変です。

解体工事専門店建築99ではそんなお客様に対して、建物の解体から遺品整理まで承っております。

家の処分を丸ごとお引き受けするので、お客様が現地に足を運ばれて何かする必要はございません。

手続きもできうる範囲で解体工事専門店建築99が行います。

お客様が提出しなければならない届出書に関しても全面的にサポートいたします。

提出が困難なお客様には委任状を書いていただき手続きを代行することもできます。

ご両親が亡くなられる頃には、独立されてもう実家から離れて暮らされる方が多いです。

亡くなられる前の介護にお葬式、相続の手続きなど大変な思いをされる方が多くいらっしゃいます。

一息つかれたころに出てくるのがご両親が残した遺品の処分問題です。

それまでやるべきことがたくさんあり、もう何もしたくないというお客様の手足となるべく、遺品整理も解体工事専門店建築99が承ります。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン