愛知県で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

プロにまかせて安心のプレハブ解体作業

プロにまかせて安心のプレハブ解体作業

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。解体工事には、難しくて厄介な作業がつきものです。そのなかには、プレハブ解体という作業も含まれています。

プレハブと聞くと、簡単な作業のように感じる人も多いと思いますが、プレハブを壊すのは、意外と大変で困難な作業です。

それでも私たちの専門店をご利用していただければ、最後まで確実に作業を成し遂げることができます。

難しい解体工事にも果敢に挑み最後まで貫徹する専門店

解体工事では、ありとあらゆる建物の解体に取り組みます。

そこには、当然プレハブ解体という作業も含まれます。

一般的に言われているのは、プレハブでできた住宅を壊す作業は簡単なものであるという、世間一般的な考えが広まっていることかもしれません。

しかし、現実的にはプレハブ住宅の解体は非常に厄介で困難な作業だといえるでしょう

プレハブ住宅の解体は困難なのです

プレハブ住宅というのは、工場で作られたパネルを一つ一つ組み合わせる工法で建てられています。

そして、このパネル同士は接着剤などつなげられているのです。

ですからこのパネル同士をつなげている接着剤が強固であればあるほど、パネル解体時における障害となってしまうことになるのです。

言葉で言う以上に大変な作業になるのですが、私たちの専門店では、これらのあらゆることに対処できるノウハウや高度な技術があります。

そのため、数ある解体業者があるなかで、私たちの専門店を選んでいただいたお客様には、プレハブ解体の作業を迅速かつ確実に済ませられるメリットがあるのです

日本においては、毎年膨大な数のプレハブ住宅が作られています。

プレハブ住宅は仮の住まい

基本的にプレハブ住宅というのは仮の住まい、仮の建物という意味合いを持っています。

そのため早い段階で解体作業をしなくてはいけないのですが、それでも利用している間は従来の住宅や建物と強度については遜色のないものに作られているのです。

このことからプレハブ住宅は、他の一戸建て住宅と変わらないくらい頑丈にできています。

そのような頑丈にできているプレハブ住宅の解体だからこど、長年蓄積された熟年の技術が必要になるということなのです

私たちの専門店は、この頑丈にできたプレハブ住宅を壊す作業も、誰にでもわかりやすい安価な費用で請け負わせていただいています。

未使用になって、これから使う予定のないプレハブ住宅の処分に困っている、あるいはお悩みの際には、私たちの専門店に是非ともまかせていただきたいと考えています。

明朗な見積もりを提出いたします

プレハブ住宅解体に際して、疑問点などをお持ちのお客様については、弊社担当者がわかりやすく説明をさせていただきたいと考えています。

様々な形態の建物がある日本です。

狭い国土で宅地面積が限られているなかで、建てたものを壊してその土地に新しい建物を建てる必要がございます。

その間の仮の住まいや仮の建物になるのがプレハブ住宅となるのですが、このプレハブ住宅はいつかは壊さなくてはいけません。

プレハブ住宅を建てるということと、いつかは解体するということはイコールであるのです。

もっとも、長く利用し続けたいというお客様も中にはいらっしゃいます。より強固で耐用年数の長いプレハブ住宅も考案されている時代です。

簡単に組み立てることができるのがプレハブ住宅のメリットであり、その費用は戸建ての同程度の建物と比べても費用は桁が一つ違うくらい安いものです。

そのような安く、そして簡単に組み立てることができる建物を長く、極端に言えば未来永劫まで利用できることはできません。

耐震強度の面でも十分な配慮をしていますが、仮に倒壊しても軽くできているので人に与える影響も必要最小限となっていることも見過ごせません。

プレハブ住宅を終の住まいにはできません

いずれにしてもプレハブ住宅は終の住まいとすることはできません。

そして古くなっているプレハブ住宅はそれだけ劣化していますので、強度の点で不安があります

プレハブ住宅はいずれは解体しなくてはいけないということを考えなくてはいけないのです。

解体に際して弊社ではあらゆる面から見積もりを行い最適な価格で解体作業を実現いたします。

不明瞭な部分のないように、入念な説明を行い納得のいく見積もりを提出いたします。

古いプレハブ住宅は当時の工法で建てられているので、強度不足もあってできるだけ早い解体が求められます。

今が大丈夫であっても将来的にずっと大丈夫という保証はどこにもないということもしっかりと頭に入れておいてほしいのです。

解体のプロにおまかせ

古くなったプレハブ住宅はいずれは解体しなくてはいけません。

お客様のなかにはプレハブ住宅の解体を検討されている方も少なからずいらっしゃいますので、古くなったプレハブ住宅などがある場合でしたら、その処分をまかせる業者の選択に悩むこともあるでしょう。

そのような際には、スムーズに解体工事を済ませられる、解体のプロである私たちの専門店をご指名いただけたら至福の喜びでございます。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン