愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

住宅建て替えの際の解体工事の依頼先はこちらへ!

114.住宅建て替えの際の解体工事の依頼先はこちらへ!

「新築」と「建替え」で異なるポイントのおさらい

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

基礎工事以降の工程は通常の新築の家の場合と同じになります。

しかし、建替えの場合、その前に解体工事という作業がまず最初に入ってきます。

そうなると、現在住んでいる家が無くなることから、仮住まいを探したり、新しい家でも引き継ぎたいものを予め解体工事作業を行う「解体工事業者」と家を建てる「ハウスメーカー」との連携をうまくとる必要があります。

 

解体工事をするときに、これだけは押さえておきたい

解体工事と新しい家の業者が違う場合では、両者が入念なコミュニケーションを取る必要があります。

一般的に建て替えの場合は、ハウスメーカー側が下請けの解体工事業者を指名することになることが多いです。

しかし、利用者であるお客様が解体工事業者を自ら指名する場合、解体工事業者とハウスメーカーは対等となり、綿密な打ち合わせなどのコミュニケーションが特に必要となるのです。

お客様側としたら、これまで埋没されがちな解体工事費用が明るみになるので、より明朗な見積もりを見ることができますし、全体的な費用を抑える効果が期待できます。

解体工事とハウスメーカーが異なる場合において、互いの作業工程について双方に伝えておくことが大事です。

工事中にトラブルがあることもありますので、そうした場合による遅れについても調整が必要になるのです。

基本的には、解体工事が全て終わってから、後はハウスメーカーが引き継ぐことになるので、解体工事業者とハウスメーカーがお互いの作業についてかち合うことはほとんどありません。

 

壊し方で予算・時間が大きく異なります

解体工事の方法は「手壊し」か「機械壊し」のいずれかとなります。

古くは、重機のみで一気に全て壊していた時代もありました。

しかし、現在は建設リサイクル法によって禁止されていて、ほとんどの解体工事作業では手壊しと機械壊しの両方の手法を使っているのです。

当然、手壊しは手作業のため時間がかかります。

そして、コストも高くなります。

通常、壁や天井を剥がす作業などが手壊しによって行われます。

また、敷地が狭く重機が入れなかったり、近隣住宅に家が近すぎる場合などでは、まず手壊しを行って、その後機械を導入する方法など、その家の構造や環境によって解体工事の内容が大きく異なってくるのです。

また、廃棄物処理をめぐる問題が増えていることから、政府は一定の規模(面積・費用)以上の解体工事について、建設リサイクル法を定めています。

分別解体と再資源化の義務づけを行っているのです。

 

残したい家具や樹木があれば早めに伝えておきましょう

例えば、庭や樹木など残したいものは早めに解体工事業者とハウスメーカーへ伝えておきましょう。

それによって作業の工程が変わる可能性もあるからです。

住宅建て替え時には、取り壊しに入る前に、新築住宅のハウスメーカーと綿密な打ち合わせをしているため、解体もそこに依頼するケースが多いですが、依頼先は自由に決めることができ、他社と比較検討したうえで選ぶことが望まれます。

解体工事専門業者に直接依頼することで、中間マージンをなくし、低価格で工事しやすくなります。

 

住宅建て替えの解体工事の費用

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

住宅建て替え時の取り壊しにも対応しており、高い評価をいただいています。

新築の建物の土台関係の事情も踏まえて、ご要望に応じて専門業者として必要な整地もしっかりとおこなっています。

住宅建て替えのための取り壊しに入る前には、新築の建物のハウスメーカーと長期間やり取りをするため、解体工事もハウスメーカーに依頼する例が多くなっていますが、解体専門業者に直接依頼するという道もあります。

そのほうが、解体工事費用をそっくり解体工事業者に渡すことができますので、かなり低い料金で済む場合が多いのです。

中間マージンが発生しないからです。

解体工事専門店建築99は、日本で唯一、全国的な規模で営業している解体工事専門業者です。

年間1000件の工事をする解体のプロであり、各都県知事から解体工事許可免許を取得し、適正な解体工事と廃材処理をおこなっています。

直接受注とスケールメリットによって、市場価格よりも2割から3割安い料金設定をすることが可能となっています。

そうした価格でも、採算が合って、利益を乗せ、着々と営業エリアを拡大することができていますから、解体工事の際には依頼先として是非ともご指名ください。

住宅建て替え時の解体は、新築住宅のハウスメーカーに依頼するケースが多いですが、依頼先は利用者が自由に決められます。

解体業者に直接依頼すれば、工事費用がそっくり解体業者に渡るため、料金を下げやすくなります。

解体工事専門店建築99は、解体を専門にして全国規模で工事をおこなっていて、年間1000件もの取扱い実績のある会社です。安心して直接ご依頼ください。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン