愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

家屋の建て直しを早く進めたいときの解体工事の依頼はどうしたらいいの?

108.家屋の建て直しを早く進めたいときの解体工事の依頼はどうしたらいいの?

こんな解体工事業者には依頼したくない

家屋の建て直しをしたいときには、まずは家屋の解体工事をどうしたらいいのかを考えなくてはいけません。

さらにどの解体工事業者に解体工事を依頼したら良いのかも悩みの種となるでしょう。

そこで、基本的な問題として、このような解体工事業者には頼みたくない。

そんな解体工事業者の特徴をまとめてみました。

まずは、古い体質の解体工事業者です。

解体工事業者の中には、「解体工事をしてあがる」という、上から目線の体質の解体工事業者が多く散見されます。

時代遅れの解体工事業者に限って、このように考える場合が多いのです。

解体工事業者の根本の考えがこのようだと、お客様目線での解体工事、さらにはお客様の立場に立っての解体工事、というのは到底無理な話しとなります。

提案内容だけではなく、お客様や近隣住民の皆さんへの言葉遣いも丁寧ではなく、解体工事全般において、近隣対策など様々な面で自己中心的な解体工事業者が多いのです。

このような解体工事業者は最初の見積もりなどの接触の段階でわかるので、それ以降のおつきあいはしないほうがいいでしょう。

相見積もりを極端に嫌う解体工事業者には要注意

今や相見積もりをして、数社の見積もりを比べるのはある程度常識となっています。

しかし、古い体質の解体工事業者はこの「相見積もり」を極端に嫌うのです。

前述した、上から目線の対応が「見積もりをしてあげている」という考えになってしまうのです。

また、競合すると自社の解体工事の提案力などに自信がないことから、相見積もりを嫌う傾向もあるようです。

手書きの見積もりには首をかしげてしまう

解体工事業者の中には手書きの見積もり書を作成するところもあります。

手書きの見積もり書が一概に「悪い」という訳ではありません。

しかし、見た目や、役所への届出、解体後に必要な書類などの書類作成業務の効率などを考えると、手書きというのはかなり古い手法と言わざるをえません。

業務効率が悪いと諸経費などがかさんできます。

結果的に見積もり金額自体が高くなってしまうのです。

また、手書きの見積もり書の場合では「解体工事一式」という、工事内容の明細が不明瞭な内容となって詳細がわからないことが多くなるので注意が必要です。

一部の解体工事業者はパソコンが使えない?メールは大丈夫?

解体工事業者の担当者がある程度年配の人だと仕方がありません…。

と考えるのも問題があるのが、パソコンでの業務処理や連絡事項のPCメールの活用です。

稀な例ですが、パソコンでの業務処理を一切していない解体工事業者もいます。

さらに、解体工事を依頼する解体工事会社にメールでの対応が出来る人が誰もいないというのも注意が必要です。

口頭のやり取りだけでは必ず、言った言わない、聞いた聞かないという問題が起きます。

解体工事業者側がメール対応出来ないといった場合、もどかしい思いをするのはお客様です。

他には携帯電話での連絡がつかない、デジカメを持っていないなどの解体工事業者は依頼する以前の問題と言えるでしょう。

 

解体工事の依頼はどうしたらいい?

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

家を建て直しするときに依頼する解体工事を、どこに使用か迷っていたら直接依頼が一番でしょう。

解体工事比較サイトから、ハウスメーカーからなど依頼方法はいろいろあります。

早くて安くて臨機応変に対応してもらいたいということであれば、直接解体工事専門店建築99にご依頼ください。

ハウスメーカーに依頼した場合との違いなどを見ていただければ、その理由がわかります。

 

直接依頼することのメリット

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

家の建て直しをするのに、ハウスメーカーを通じて今の家屋を解体する場合では、料金が高くなる可能性があります。

ハウスメーカーは解体工事を行う業者ではありません。

家を建てることを生業としている会社なのです。

そのため、実際の解体工事は他の業者に任せることになります。

よってハウスメーカーでの依頼はその仲介料金が発生することになるのです。

わざわざ仲介料金を発生させる必要はないのは言うまでもありません。

直接解体業者にご依頼することで、解体工事費用だけで済むのです。

いざ解体工事が始まると、いろいろな問題が起きる場合があります。

そのときに、工事を直接解体業者に依頼されていればすぐに問題解消に向けて動けますが、間を挟むと連絡の遅れから問題がさらに複雑化する可能性もあります。

同じ解体工事内容で、連絡もすぐにつく直接依頼のほうがはるかにサービスも料金もお得なのです。
建て直しに解体工事は必須です。

だからといって、高い料金のまま解体工事の依頼を慌てて発注する必要はありません。

直接ご依頼いただくことで、解体工事も早く取り掛かることができますし、終わらせることもできます。

建て直しを早くされたい方こそ、ハウスメーカーに一括依頼ではなく直接依頼を利用してみてください。

確かに一カ所に相談できるというのは一見楽そうに見えます。

しかし、全体の料金をより安くしたいといった要望や難しい解体であったり細かなサポートが必要なお客様の場合は、個別に依頼したほうが結果的に楽になります。

見積もり依頼をすれば、確かに家を建てるほうの担当者とは異なるかもしれませんが、直接依頼だからといってお客様で特別何かされる必要なく解体工事が終わります。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン