愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

ブログ一覧

山小屋の解体工事も行います!

144.山小屋の解体工事も行います!

山小屋解体工事は大変

日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

解体工事は「壊して運んで捨てるだけだから、それほど高くないはず」などと考えてしまいがちです。

しかし、解体現場では防音、防塵や、隣家に影響を及ぼさないための養生も必要ですし、解体した建物の部材などは産業廃棄物として法律に従った処理をしなければなりません。

そうなると、山小屋などはどうでしょうか。

まず、場所を考えなくてはいけません。

ひょっとしたら道無き道とも言える登山道の片隅にアルかもしれません。

車が通れるような道でしたら、まだいいのですが、車が通れないとなると、人力での解体工事になります。

山小屋の場合風雨、さらには積雪に耐えるように作られているので、造りはしっかりとしています。

柱も太く頑丈にできていますから、それを解体するのにも大変な作業が必要になるのです。

重機が運び込めないとなると、人力での解体撤去作業になります。

このばあいは人海戦術にもなってしまうので、人件費が普通の解体工事と比べても高くなることは間違いありません。

また、撤去した廃材なども人力で運ぶ必要があるでしょう。

ある程度小さな車両が持ち込めればいいのですが、それもできなければまさに、人力で全てをしなくてはいけなくなるのです。

山小屋の場合のメリットは、近隣に迷惑をかける必要がないことくらいでしょうか。

隣近所がいないのですから当然ですが、その分風雨にさらされること、山の天気は変わりやすいということもあります。

場所によっては、山小屋の近くにテント泊での泊まり込みで解体工事作業をしなくてはいけないことにもなりかねません。

山小屋の場合、昨今では太陽光パネルの設置などで自家発電をしているところもあります。

そのような太陽光発電の撤去などは専門の業者がするようになるのですが、弊社でも太陽光発電の撤去ができるので、その点については問題ありません。

トイレなどはくみ取り式であれば、浄化槽などは埋め立てるだけでもいいですし、場合によっては撤去する場合もあります。

 

山小屋解体工事の費用

山小屋解体工事の費用はどうでしょうか。

費用がかかるかかからないかは重機が入ることができるかできないかにかかっていると言えます。

重機があれば、解体工事や撤去作業。

さらには廃材の運搬などもスムーズにできます。

重機やトラックの入る事のできない登山道ということになると、解体工事作業が大変になるのは前述したとおりです。

実際に提出する見積もりもかなり違ったものになることは間違いありません。

もちろん、そのような中にあっても、弊社が提出する見積もりはできるだけ安価にわかりやすい見積もりになるように努力しています。

山小屋解体工事の大変さを十分に理解されて見積もり書を吟味していただくようお願い申し上げます。

 

山小屋の解体工事も行います

解体工事は建物を解体し更地にすることです。

一般的には道路の整備された人間の住む地域の建物が解体の対象となりますが、山小屋など車が乗り入れることができないような場所での建物の解体工事も必要によっては行うことになります。

しかし、特殊な解体工事であるため、ノウハウのある企業を選ぶ必要もありますし、また費用も負担する必要があります。

 

解体工事業者の選定方法

解体工事を依頼するには、地元などにある工務店などに依頼して解体業者を斡旋してもらうのが一般的です。

単独で解体工事業者を選ぶのには、交渉力も必要ですから素人には難しいものです。

一方で解体工事費用を少しでも抑えようと考えるのであれば、日本最大規模の解体工事専門店建築99です。

解体工事専門店建築99は、解体費用を抑えて建物の解体を行います。

基本的には一般的な住宅が中心ですが、もちろん山小屋のような特殊なケースにも対応しています。

料金プランは山小屋の場合には木造がほとんどで50坪までですので、坪単価1万8千円で行えます。

50坪の場合には90万円前後で可能です。また鉄骨の場合も木造と同様の金額で行うことができます。

重機やトラックが持ち込めるか持ち込めないかで、費用にかなり違いが出てくる可能性があります。

しかし、山小屋自体がそれほど大きな造りではないことと、構造が簡単なのが功を奏する場合もあります。

山小屋で鉄筋コンクリート造というのは、あまり見かけませんが、鉄筋コンクリート造では坪単価は3万円前後になります。

一方で山小屋の場合には重機が持ち込めるか、道路に面しているかによっても変わってきますが、比較的条件の良い場合であれば、坪単価ベースでの解体が可能です。

もちろん、解体工事作業や処分費届け出費を含んでいるので、わかりやすい料金体系で建物を解体して更地に戻すことができます。

解体工事に掛かる費用は地域によって異なってくるのですが、全国規模で解体を請け負っている専門店建築99であれば、費用を抑えて、またあらゆる条件の建物を解体処分することができますし、また専門店ですから安心して工事を任せられます。

もちろん価格面の優位性だけでなく工事品質にも信頼のおけるサービスを提供しているので安心です。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン