愛知地区で豊富な実績と信頼2000件
お問い合わせ
相談・現地調査・お見積もり無料
電話:通話無料で何でも相談
フリーダイアル0120-949-676
受付時間:午前8時〜午後8時
メール・LINEから相談

解体お役立ち情報一覧

解体工事に必要な日数はどのくらい?

解体工事契約から完了まで

解体工事を行いたいと思ったら、解体工事業者に作業を依頼することになります。

そのため、解体工事は、どのように計画を立てれば良いのか、いつ、何をしないといけないのかを知っておく必要があります。

なぜなら、新築工事を計画している場合や、売却の引き渡し期限が決められている場合など、解体工事に関わるスケジュールを把握しておかないと、「期限に間に合わない」といったトラブルも考えられるからです。

以下の点を工事契約から工事完了までのスケジュールから見ていきます。

・いつ見積りを取ればいいのか?
・いつまでに契約をすればいいのか?
・工事は何日かかるのか?

工事はどの程度の日数がかかるのかを把握しておくことは、解体工事費用を安くすることにもつながります。

解体工事期間に余裕がないと、解体工事業者の選択肢も狭くなって、高額でも仕方なく解体工事を依頼するような状況になってしまうからです。

 

工事契約から工事完了までの期間

木造の建物の場合、解体業者と契約したあとの流れや、どの程度の日数がかかるかをみていきます。

工事着工日の一週間以上前に、自治体に「リサイクル法の届け出」を行って、解体現場に「事前周知の標識」を設置します。

延床面積24坪以上の建物に限るのですが、工事着工日の一週間前までに、自治体に「リサイクル法の届け出」と、解体現場に工事計画についての「事前周知の標識」を設置する必要があります。

そのため、工事着工日の一週間以上前には解体工事業者と契約を結んで、解体業者に「リサイクル法の届け出」と「事前周知の標識の設置」を行ないます。

このことから、解体工事の契約の最終ラインは、「リサイクル法の届け出」と「事前周知」の申請日が期限となります。

自治体によっては、「面積に関わらず全ての建物が対象」、「木造以外の建物は14日前に届け出が必要」など条例に差があるので、解体工事業者及び自治体に事前に確認を取って、契約までの猶予を把握しておくと安心です。

 

ライフラインの撤去

解体工事の着工前に、「電気」と「ガス」の解約手続きが必要です。お客様ご自身が、解約手続きを行います。

電線や配管の撤去が必要な場合がありますので、解体工事業者と相談し解約手続きを行うとスムーズに行えます。

解体工事業者が行う場合は、同意書の手配などが必要になりますので、お客様が行った方が手間も費用もかかりません。

水道」に関しては、工事中の散水に使用するので、解約せずそのままの状態で残しておきましょう。

 

近隣の皆さんへの挨拶

「リサイクル法の届け出」と「事前周知の標識の設置」を行ったあと、平行して工事着工の3日前くらいには、「近隣の皆さんへの挨拶」を行います。

解体工事業者だけに任せるのではなく、出来る限りお客様も同伴で行ったほうが、工事中のクレームは少なくなります。

いつ頃、騒音や振動が出るかなど、解体工事業者に説明をしてもらうようにすると、近隣の住民の方により理解していただけると思います。

近隣挨拶に持っていく「挨拶状」と「粗品」は、基本的に解体業者が用意します。見積りの際に、近隣挨拶用の粗品の費用が含まれているか確認しましょう。

 

解体工事に必要な日数はどのくらい?

解体工事にかかる日数は、建物の大きさや作業のしやすさで違ってくるのですが、木造家屋の場合でおよそ4日から10日程度となります。

解体工事に当たって申請書類が必要となる場合もあり、工事着工の7日前まで自治体に提出することになっています。

解体工事業者は事前に現地で見積もりをおこない、良質な業者であれば、正確な費用を出します。

 

解体工事でかかる日数は建物次第

解体工事費用の高止まりでお困りの方々に、市場価格より低いリーズナブルな料金を提供し、複数の都県知事からの解体工事許可免許取得業者として、適正な工事と廃材処理をおこなっています。

解体工事は、何日もかかる作業となります。

かかる日数は、解体する建物の大きさや作業のしやすさで決まります。

木造家屋なら、およそ4日から10日程度となりますが、隣家と壁を共有していたりする場合は、手作業となり、状況によっては日数が多めにかかることもあります。

解体工事にかかる料金は、事前に現地で見積もりを出しますので、その時に正確な額がわかります。

追加費用は原則かかりません。

ただし、解体後に地下に廃棄処理が必要となる何らかの物体が埋められていたり、井戸があることが判明したりした場合は、その処理のための追加費用がかかります。

解体工事をする場合は、状況によっては自治体に申請書類を提出する必要があるケースもあります。

申請は、工事着工の7日前までにおこなうことになっています。

当社では、その申請のお手伝いを無料でおこなっています。きめ細かいサービスと低い料金設定をする当社のご利用をぜひお勧めします。

建物を解体するには、ある程度の日数を必要とします。

1日で終わるということは困難で、木造家屋でも、およそ4日から10日はかかります。

建物の状況によっては、工事着工の7日前まで、自治体に申請書類を提出する必要がある場合もあります。

じもとの解体屋さんでは、無料でその申請のお手伝いをおこないます。

料金もリーズナブルな設定となっています。

解体前にこちらもチェック

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 建物の他に庭石、庭木、塀があるが別途解体見積もりを作成して欲しい。
Q ハウスメーカーさんの中間マージンとは何か?
Q ネットで検索していて御社がリーズナブルだという事で、一度見積もりしをお願いしたいです。 もし金額が折り合わなかった場合は、見積もりまでは無料でよろしいでしょうか?
Q 業者によって「30~40万差があり、何を基準に業者を選んだらいいの?」への1つの回答
Q 残置物がありますが自分で処分し、安くできるか?
解体の問い合わせボタン